ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『雪花の虎19話』あらすじ&感想 ビックコミックス ヒバナ 東村アキコ

今日はFNOに参戦してきたbitchyamaです、こんばんは!

間近でモデルさんたち見られて幸せだった〜♡

www.vogue.co.jp

 

今回もちょっと遅れたけど、雪花の虎のネタバレしちゃいます! 

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

 

あらすじ

晴景の暗殺は未遂に終わったが、おりんが亡くなったことにより景虎軍には大きな動揺が走った。 

捨丸から事の顛末を聞いた景虎は、暗殺を企んだ中条に共謀者含め洗いざらい吐かせるため呼び出そうとするが、軍の統率を乱さず円満解決(晴景に家督を譲らせること)を実行するためにも、阿賀北州をはじめとした俄家来の暴走を止めることが先決だと実乃によって諭される。

そのためにも晴景と父子の義を結び、家督を譲り受けた後に隠居してもらうよう一芝居打つことを提案された景虎は、戸惑いながらも兄の命を守るために実行することを決意する。

その後すぐに中条を呼び出して、”うつけた兄者”の首を獲るのは自分だと言いつけ、命を勝手に奪わないように牽制した。

 

 

 

景虎は”兄弟戦”を演じる合間で城の外を見つめながら、意図せずおりんを殺害してしまった小姓が晴景軍の手にかけられたのかと気にする素振りを見せる。

事件直後に奥へ連れて行かれた小姓が、まだ生きているとは思えないと返答する捨丸。

続けて晴景に宛てた封書に何が入っていたのかと問いかける捨丸に、景虎は「戦が終わったら共に植えよう」という意思を込めて桔梗の花の種を贈ったのだと答えた。

 

景虎が動き始めた頃、二度目の養子縁組の説得に訪れた上杉を前にした晴景もまた、景虎と話をするために時間を設けたいと希望する。

そうして上杉の屋敷で対面することになった景虎と晴景は、庭先でおりんについて話すことに。

おりんが妊娠していたことを知らなかった晴景は、景虎からその事実を聞かされて一瞬たじろぎながらも冷静に話し始める。 

 

俺はやっぱりお殿様にゃ向いてないな

自分の女一人守れない男がこの国を守れると思うか?

 

あの手紙を見た時にやっと気付いたよ

俺はお前を守ってるつもりだったけど、本当は…

いつだって俺がお前に守られてたんだってことにさ

 

女子のお前がお殿様になることを、死んだ父上と母上は許してくれるだろうか

 

できるか?虎

 

涙ぐみながら心の中を明らかにした晴景に、景虎の後ろで風がざわめいた。

そして小さな掌を握りしめながら、決意を新たにして大きな瞳に涙を滲ませた。

 

あとはこの景虎に全てを任せて、ご隠居なされませ

 

この国は虎が守ります

 

この山も、川も、田畑も、

そして何よりもこの国で暮らす全ての民を、

全て虎が守りますから

 

 

 

天文十七年。

三十七歳という若さで隠居した晴景のために、景虎は正善寺に屋敷を建てる。

身の回りの世話をする家来たちの中には、中条が暗殺のために用意した小姓・正助も命を救われて仕えていた。

そして同年の雪が降る冬の日に、景虎は春日山に入城して城主となった。 

林泉寺の光育と宗謙に挨拶に訪れた景虎は、凛々しい表情でこれからも長尾家のために仕えて欲しいと依頼する。

宗謙と景虎の間には、主従の思いだけではない光り輝くような空気感が流れていた。

 

一方甲斐の武田家では、長尾景虎が入城した一報を聞きつけて、越後が一枚岩になることを恐れた家来たちが懸念の声を上げる。

しかし景虎の脅威に動揺する家来たちを他所に信玄は宙を見つめながら、玉座についた男か女か正体の分からない白虎を一目見たいと興味を示し始めていた。

 

感想

今回のお兄ちゃんと虎のエピ泣けたなぁ…。

自分が守ってたつもりだったのに、守られてたことに気付いちゃったお兄ちゃん。

逃げ出したいくらいの大きな責任を背負った虎が、これから家臣たちと一緒に戦しまくってくと思うと胸が痛い。(いや、戦場でのかっこいい虎は見たいけど)

 

 

 

信玄もそろそろ動くかな?! 

個人的には切ないけどやっぱり宗謙と虎の恋愛が見たい!

今回も2人の間だけキラキラしてた!!(光育も気付くよね、さすがに笑)

 

次回も早く読みたいよー!

 

 

その他雪花の虎の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村