ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理8話』あらすじ&感想 斎藤工 窪田正孝

カンクンで使ってたボディクリームを久々に使って、旅行を思い出しちゃったbitchyamaです、こんばんは!

来月くらいにまたどこかショート・トリップしたいなぁ(ΦωΦ)

 

最終章に突入した火村英生の推理のネタバレを、CMごとにまとめてしちゃうよ!

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

シャングリラ十字軍に所属する2人の若者が東京で殺された事件で、ある高校生の少年が犯人だという噂がSNSで実しやかに流れていた。

SNS上で”切り裂き王子”や”アポロン”という二つ名で呼ばれて英雄扱いされている人物は坂亦という少年で、バスで偶然会ったという時絵の話から京都に訪れている事がわかる。

坂亦の目撃情報は全国に渡っており、連日ネットを騒がせていた。

 

そんな折、2人の高校生が連続で刺殺される事件が起こり、被害者である尾木紫苑と座間剣介の殺害現場に呼び出される火村。

同じ高校の同級生で交際中だった2人は、剣介が「今から行く」というメールを送った後、待ち合わせ場所で時間差をつけて通り魔に襲われたのではないか、という仮説を立てる警察。

しかし捜査を進めていくに連れて、紫苑と剣介は別れていること、紫苑が剣介のメールを着信拒否していた事がわかる。 

 

ある日、剣介の死体を犬の散歩中に発見した安納守之の自宅を訪れた有栖と火村は、散らかっている部屋に違和感を覚える。

その後コンビニの店員にも話を聞きに行くと、紫苑と別れて不貞腐れる剣介の様子を目撃していたと言う。

続けて安納について質問した火村は、安納が妻や子供と別居していたことを知る。

さらに過去、自身の子供がいじめられて自殺した事件について、加害者の少年たちを未成年だからといって守る学校側に、安納が猛抗議をしていたということを聞いた。

 

 

 

公園で読書をしていた朱美に声をかけてきたのは、坂亦だった。 

年下の坂亦に心を許し意気投合する朱美だったが、話しているうちに不穏な気配を感じて警戒を強める。

坂亦のバッグの中から包丁を見つけた朱美は、脅されながらも果敢に対抗して警察に通報する。

 

火村は東京のシャングリラ十字軍殺人事件と、京都の高校生殺人事件について見比べながら推理を披露する。

 

京都の高校生殺人事件

 

  • 紫苑を殺害したのは剣介
  • 剣介は紫苑殺害後に「ごめん、いまから(紫苑と同じあの世に)いく」とメールを送り、自殺した
  • 凶器を持ち去ったのは、第一発見者の安納
  • 凶器は飼い犬の服の中に隠した
  • 加害者である剣介の顔と名が公表される状況を作るために、剣介を被害者に見せかけた

 

朱美の通報により坂亦を捕らえることが出来た警察。

火村は鍋島に対して、坂亦と今度話をさせて欲しいと依頼する。

 

そして、未成年の犯罪が錯綜した事件において考えを巡らしている有栖に、シャングリラ十字軍・指導者諸星の不穏な影が忍び寄っていた。

 

 

感想

 

うーん、今回は名前と顔を公表したかったのね。

まぁ、安納の気持ちもわかる。

そしてシャングリラ十字軍ついに動き出したー!

今まで本編に関係無かったから、ネタバレ飛ばしてきたけど…。

次回からはシャングリラ十字軍のネタいっぱい出てきそう。

 

 

#7

#7

 

 

その他火村英生の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村