ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理5話』あらすじ&感想 斎藤工 窪田正孝

昨日力尽きたbitchyamaです、おはようございます!

今日は早速朝から書いちゃうよー。

そしてばたばたとお仕事にでかけます…。 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

タレントの愉良が、所属事務所の社長であり恋人の夕狩正比古に殺害された。

夕狩から第一発見者として通報があり、火村と有栖にもすぐに知らせが入る。

鍵は愉良が2本、夕狩が1本持っていたが、事件の数日前に愉良が一本落としたという。

その鍵を使って侵入した強盗による殺人に見せかけた夕狩。

一見完璧かと思われた夕狩のアリバイだったが、火村と有栖、警察の捜査により嘘が覆されていく。

 

 

 

 

そんな中、火村の生徒である朱美は、二年前に知人が殺された未解決事件の相談を火村に持ちかける。

火村の准教授室に招き入れられた朱美は、窓から差し込む夕日に突然怯えはじめる。

朱美は15歳の頃一緒に暮らしていた親戚の家が火事にあい、それが元で火事に似た夕日の光景がトラウマとなっているのだと言った。

朱美を冷静に落ち着かせた火村は、朱美から二年前の事件について聞き出し興味を持ち始める。

 

愉良殺しについて

  • 鍵は無くなっていなかった(夕狩の嘘)
  • 愉良は、立ち寄った店の店員に「失くしたかと思っていた鍵があった」と話していたため、夕狩の嘘が警察にバレた
  • 夕狩が持っていた1,000円札から、店員と、愉良と、夕狩の指紋が出てきたため、部屋を荒らした犯人が夕狩と判明した
  • 事務所の資金繰りが上手く立ちいかなくなった夕狩は、経済的に所有していると思っていた愉良の将来を全て奪ってしまいたかったのか?と思われたが、殺害動機は「ただ殺したかった」だけだった

 

感想

サイコパステストが作中で出てくるけど、まさに今回は殺人のための事件だったね。

なんだかそれも切ないけど…。

最後の火村が「鍵を失くしたと言っていた当日に殺せばよかったのに」って考えてるの、めちゃ怖かった!!!

次回は二年前の事件の謎に迫る感じだし、また楽しみです。

 

#5

#5

 

 

その他火村英生の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村