ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理3話』あらすじ&感想 斎藤工 窪田正孝

そろそろ本気で眠いbitchyamaです、こんにちは!

この後まつエク行くからガン寝しちゃいそう…(´・ωゞ) 

 

めちゃこちらも遅れたけど…。書いちゃいます。 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

人気俳優の志摩が誘拐され、マネージャー の城戸が警察に京都府警に通報し、極秘捜査が行われる。

一昨日の朝出張のために九州へ向かった妻の恵里香は、出発の日に夫に鈍器を投げつけたことで自分が殺害してしまったと考えていたが、出張帰りに犯人からの電話がかかってきたことから疑問を持ち始める。

 

恵里香は犯人から警察に知らせるなと脅迫されていたため、身代金三千万円の受け渡しへの警察の介入を拒否する。 

志摩の頭髪の一部と、「指定した列車に乗り、左の席に座って赤い目印を探せ」 という犯人からの手紙が届き、警察ではない火村と有栖と共に列車に乗り込む恵里香。

火村は犯人の行動について、最初から警察の介入を計画に入れていたようだと考えていた。 

結局電車に乗り続けたものの、犯人からの接触はなく一日が終わってしまった。

 

 

 

 

後日、肝試しに使われるような廃墟で志摩の遺体が見つかり、死亡推定時刻は犯人からの電話が恵里香に入る前だったということが分かる。

しかし、電話口で夫の声を聞いたという、恵里香の証言との齟齬が生まれることに。

家の本棚にあった隠し扉を見つけ、そこから恵里香が出張の日の朝に夫に投げつけた鈍器(大きなチェスのナイトの駒)が発見される。

 

容疑者として捕らえられた恵里香の証言によると、志摩に対して逆上したのは自分と出会って共に過ごしたのは人生のロスだったと言われたためだった。

その台詞と同じことを、犯人からかかってきた電話口で言われたのだという。

全てを推理しきった火村は、マネージャーの城戸を呼び出した。 

 

志摩殺しについて

  • 志摩を殺したのは恵里香
  • 城戸は殺害現場を盗聴しており、恵里香を助けるために誘拐事件を装った
  • 電話口では盗聴器によって録音された声が流された
  • 身代金を要求したのは、恵里香や周囲を自分の思いのままに操りたいという倒錯した欲望のため

 

死体遺棄、捜査妨害のために城戸は逮捕された。

 

後日、シャングリラ十字軍の構成員が池袋で殺された事件を探るため、火村は指導者の諸星へ会いにきていた。

 

感想

やっと書きました!疲れてて細部間違ってるかもしれないけど…笑

今日の夜のエピソードも楽しみ!

この後しばしゆっくりします(∩´∀`)∩ 

 

anan (アンアン) 2016/02/10号[雑誌]

anan (アンアン) 2016/02/10号[雑誌]

 

 

その他火村英生の推理の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村