ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理2話』あらすじ&感想 斎藤工 窪田正孝

旅行までカウントダウン中のbitchyamaです、こんばんは!

なんだかカンクンちょっと涼しいらしいけど…(´;ω;`)

ブログも可能な限り更新できるよう、PC持ってくよ!

 

今日もCMごとにリアルタイム更新していきます!

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

温泉宿に泊まりこんで執筆に打ち込むことになった有栖は、顔全体に包帯を巻き、サングラスをかけた怪しげな宿泊客に遭遇する。

翌日、散歩中と思われる包帯客の部屋から、絞殺死体が発見される。

 

警察が現場に到着した後に、有栖から連絡を受けた火村が宿に駆けつける。

殺害されたのは21歳の大学生・相羽だった。

使われた形跡のない浴室の排水口に落ちていた歯磨き粉のキャップ以外、指紋や髪の毛などの手がかりは一切残されていなかった。

 

他の宿泊客は、CMで馴染みの美容整形外科を営む常連客・是枝、巷で騒がれている過激派集団シャングリラ十字軍の元メンバー・田ノ上、田ノ上のストーカーの呉。

姿を消した包帯男は、傷害致死事件で指名手配中の逃走犯である、シャングリラ十字軍のメンバーではないかという疑惑が浮上するが、情況証拠が少ないことから、火村は安易にそう考えるべきではないと告げた。

 

 

 

 

警察の鍋島とともに相羽の住んでいたアパートを訪ねた火村は、大家から相羽が引きこもりであったこと、例の逃亡犯ではないかという噂があった話を聞く。

そこへ、相羽に頻繁に会いにきていたという友人・幡多が現れる。

殺害現場の旅館は幡多の実家であることが判明するが、事件のあった夜はサークルのパーティに参加していたという完璧なアリバイがあった。

鍋島は幡多の背格好が逃亡犯に似ていることから、今回の殺人事件についても疑いを強めるが、火村は冷静に事実を分析するように諭した。

 

他の宿泊客から、包帯男は顔を覆っているにも関わらず、素性を隠したい素振りを見せていなかったという証言が挙がる。

さらに宿泊当日に飾られたお面を凝視していた行動と、翌日散歩に出る前には目もくれなかった行動が異なることも指摘された。

 

幡多は火村を呼び出し、現在の捜査状況を聞く。

火村は捜査状況を伝え、指名手配中の逃亡犯は幡多だったことと、相羽殺しのトリックを切り返す。

 

指名手配がかかっている傷害致死事件について

  • 逃亡犯は幡多
  • 相羽は幡多の殺害現場を目撃しており、強請っていた

 

相羽殺しについて

  • こちらも犯人は幡多
  • 相羽は自身の外見にコンプレックスを抱いており、高額な整形代を幡多に要求する
  • 旅館へ赴いたのは、整形外科医・是枝に引き合わせるため
  • 整形代として旅館の金を盗むという名目を作り、お互いのアリバイを作ろうと幡多が持ちかける(しかしそれは、相羽殺害のために旅館へ連れ出す嘘だった)
  • チェックイン当日の包帯男は相羽だった
  • チェックイン時、相羽が自宅で宅配便を受け取っていたというアリバイは、実は幡多が変装していたことで成立したものだった
  • 殺害はパーティが終わった早朝に行われた

 

トリックを解き明かしただけで、自首を強要することはない火村だったが、それは幡多の逃亡犯である証拠を鍋島が見つけ、更には相羽殺しについても立証すると確信しているからだった。

 

感想

テンポよく2話目も進んだね!

トリックの解説が早すぎて追いつくの大変…笑

そしてシャングリラ十字軍が徐々に出始めましたね〜。

あと、山本美月ちゃんの行動も気になる。

次回もどんな風になるのか楽しみ! 

 

#1

#1

 

 

その他、火村英生の推理に関する記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村