ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『怪盗山猫3話』あらすじ&感想 菜々緒 亀梨和也

トラブル続きだったけど、24時間かけてカンクンについたbitchyamaです、こんばんは!

こちらはまだ午前中だよ〜。

オールインクルーシブで朝ごはん食べまくり。

 

遅くなっちゃったけど、怪盗山猫のネタバレしちゃいます!

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

バーストレイキャットに訪れた貿易会社員の滝川は、失踪した同僚の恋人・杏里の行方捜索を依頼してくる。

以前侵入したホテルに杏里がいた事を思い出した山猫はホテルを訪れるが、その姿はなく、さらに戸籍も存在していないことが発覚した。

 

手がかりの少ない中、防犯カメラに映った杏里の姿から、前回細田の自宅前に現れた謎のライダーと同一人物では、と察する山猫。

さらに密会していた中岡修一から、杏里が秘密クラブでコールガールとして働いていたことを聞く。 

秘密クラブの従業員・達郎を捕まえた山猫は、杏里がセシリアという通称で仕事をしていたことと、秘密クラブからも姿を消したことを知る。

振り出しに戻ったと項垂れる山猫だったが、達郎の持っていた杏里の写真に写るサーペントを形どったネックレスに宝生が気づき、マフィアと関わりがあるのではないかと予測を立てた。

 

杏里の本名はセシリア・ウォン。

サーペントはロシアンマフィア”ジョージアマフィア”と対立しており、貿易会社の情報を探るために滝川に近づいたのではないかと告げる山猫。

その時ちょうどセシリアから、「私と手を組まないか」と誘いの電話がかかってきた。

滝川の会社が、ジョージアマフィアの保持している10億円を仮想通貨でマネーロンダリングする動きがあり、その金を共に奪おうと持ちかけられたのだ。

藤堂経由で滝川の裏に”ユウキテンメイ”との繋がりを把握した関本は、山猫に対してセシリアの誘いに乗れと言う。

 

 

 

 

山猫はセシリアの誘いを断り、滝川と引き合わせることにした。

しかし、滝川はロシアンマフィアの手先であり、セシリアを捕まえて殺そうとする。

滝川の裏をかいて、酒樽で郵送しようとしている金を首尾よく奪おうとする山猫だったが、反対に捕まってしまい窮地に立たされる。

実はそれも山猫の描いたシナリオで、結局10億は山猫の手に渡ることになった。

 

セシリアの本当の狙いは、マネーロンダリングの情報を掴んでジョージアマフィアを潰すこと。

勝利の余韻に浸るセシリアは敵の銃口に狙われてしまうも、彼女を銃弾から庇ったのは達郎だった。

達郎はセシリアに最後を看取られ死亡してしまう。

 

達郎を追ってきたさくらに見つかる山猫だったが、セシリアの攻撃によって動きを封じられたさくらは、あえなく山猫を逃がしてしまうことになる。

父親の事件に関わっている可能性のある山猫を、何としても捕まえたいさくら。

 

ジョージアマフィアの壊滅のため藤堂に操られた関本は、”ユウキテンメイ”と接触を計る。

関本は「ユウキテンメイからこの国を盗む」と、山猫に持ちかけた日を思い出していた。

 

感想

今回もちょっとずつお話進んできたね!

関本は結局味方ってことでいいんだよね?

そしてユウキテンメイのビジュアル…前回もかなり衝撃だったけど、これはいいのだろうか笑

次回は細田の話も絡んでくるようだし、また楽しみだな!

 

その他、怪盗山猫の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

広瀬すず 2016年 カレンダー 壁掛け B2

広瀬すず 2016年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村