ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『亜人10話』あらすじ&感想 good!アフタヌーン 桜井画門

雨だしお家でダラダラしちゃうbitchyamaです、こんにちは!

来週を乗り切ったらちょっと落ち着くかなー?

そろそろ限界に近づいてきた(*ノω・*)

 

今回も亜人のネタバレしちゃいます! 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

オグラ博士にFKを与えて、黒い幽霊(IBM) について聞き出す戸崎。

IBMは特殊な物質で出来ており、雨の日に動かしづらかったり、一日に数分単位で1−2体までしか出せなかったりと欠点があるという。

しかしフラッドと呼ばれる、感情の昂りで複数IBMが出る現象もあるとオグラは言うが、FKが切れたため今回はここまでの講義とした。

 

ケイが山中でIBMを鍛える訓練をしていると、IBMが命令と真反対のことを行う傾向にあることが分かる。

そんな最中、過去の経験から人間不信になってしまった”キタ”という男性と会い、ケイはその素性を疑われることに。

ケイはキタに吹きこまれて自分を疑い始めた自治会長らの元へ行き、”リョウタ”として偽りの過去を話してここに置いて欲しいと言った。

森武蔵(森伊蔵のパクリ?)の酒を出して機嫌を取る。

 

 

 

曽我部は監視対象の戸崎の知識量から、オグラ博士と接点を持っていることを察して大臣に報告する。

しかし戸崎を嵌めようとする大臣らの企みは、下村を通して戸崎に筒抜けだった。

 

佐藤の犯行予告の日がすぐそこまで迫っていた。

 

感想

ケイの泣き落とし…演技派だよねぇ。

色々潜り抜けてきてこうなっちゃったのか。

しかしコウを監禁したり、目的のためなら非人道的な手段も厭わないあたり、どこかネジが一本飛んでる感じだよね。

こういう主人公なかなかいないから面白い!

 

 

その他亜人の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村