ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『ヒモザイル1話』あらすじ&感想 月刊モーニング 東村アキコ

前髪ばっさり切ったbitchyamaです、こんばんは!

旦那さんと相談してNetflix契約することにしたよー。

黒執事のアニメやるようで、いまから楽しみ♪

 

 

 

8/25発売の月刊モーニングで、東村アキコ先生の新作『ヒモザイル』を読んだよー!

今回もエッセイ漫画だったよ!

月刊モーニング・ツー 2015年10月号 [2015年8月発売] [雑誌]

月刊モーニング・ツー 2015年10月号 [2015年8月発売] [雑誌]

 

 

エッセイ漫画といえば、『かくかくしかじか』もおもしろ泣けたよねー(;_;)

かくかくしかじか 1

かくかくしかじか 1

 

 

あらすじ

東村アキコ(39)、漫画家になって17年。

毎日アシスタントとともに漫画生活を送っている。

原宿にある仕事場に、セレブママ友が子供を連れて遊びに来たので、アシスタント男子たちに面倒をみてもらって、東村はママ友とカフェでアフタヌーンティーを楽しむ。

 

ママ友と東村が仕事場に戻ってくると、子供は楽しく遊んでいて、帰りたくないとぐずるくらいだった。

子供を連れて帰るママ友を見送る東村に、ふとマジコメが降ってくる。

 

ねえ あの子たちいくつ?(アシスタント男子)

見込みあるの?

だってもういい歳じゃない

なれるの?これから(漫画家に)

うちの子があんな風になったらどうしよう…

 

子を思う母親の一般的な感覚に、はっと気付き、ミヤネ屋をぼーっと見ているアシスタント男子たちを見ながら「お前らミヤネ屋見てる場合か?」と感じる。

 

 

 

翌日、仲の良い女子3人との飲み会にでかけた東村。

独身でバリバリ働いているアラサー女子との会話は、いつも「結婚したいけど、自分は働きたいから家事や育児ができる男性じゃないとだめ」というものばかり。

半ばうんざりしていたが、途端に頭の中にひらめきが走る。

 

需要と供給がぴったりはまった。

家のことは男性に任せてバリバリ働きたいアラサー女子。

一方、働く女子を支えるために、生活費を全て面倒見てもらうが、代わりに精神・肉体・家事育児をサポートし、空いた時間を使って夢に向かって努力する(漫画を描く)アシスタント男子。

ヒモザイル(ヒモ男子)を育てるために、東村の元でヒモザイルを目指す研究生・ヒガザイルを緊急募集。

やらせなしの完全ドキュメントで、今後描かれる予定のヒモザイルプロジェクト!

現在人材募集中。

 

感想

タラレバ娘を幸せにするような企画がはじまったね!!

(タラレバたちは、顔もステータスも性格もいい男子を求めてるから、ちと理想と違うかもだけど…)

たしかに、バリバリ働きたいし、養えるくらいの財力がある女性が増えたから、こういうパターンがあってもいいかもね。

自分が幸せになれる相手は人それぞれ違うけど、そういう人とお付き合いするっていうことは必要だよね。

 

どういう人材が今後集まってくるのかなー?楽しみ!

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村