ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『ハイキュー!!21話』セカンドシーズンあらすじ&感想 古舘春一 週刊少年ジャンプ

花粉のせいか肌荒れがひどいbitchyamaです、おはようございます!

今日は送別会で夜遅いのにつらいよー(T_T) 

 

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

京谷の強引なプレイに圧倒された烏野排球部だったが、一発目のスパイクはアウトになり、1セット目は烏野が先取する。

しかし2セット目からは京谷のインナースパイク始め、青葉城西全体が調子を上げてくる。

まだ荒削りなプレイスタイルから青葉城西にとっては諸刃の剣だが、ダイナミックな戦法を繰り広げるためにも、及川はその能力を好転させるために積極的に京谷へボールを回す。

 

 

 

 

日向にはミドルブロッカー一人が必ず張り付くようになっており、スパイクが打てないまま後衛に回ることに。

総力攻撃で日向のバックアタックを行うが、それも及川に読まれて見事に止められてしまった。

 

なんとか喰らいつきたい烏養コーチの戦略で菅原がコートに入り、サーブ受けで京谷を動かすことでウィングスパイカーとしてのプレイを足止めする。

しかし青葉城西は即座に対応を行い、京谷にサーブを受けさせず本来のプレイに戻していった。

不自然なくらい京谷にボールを集めている理由は、京谷の身体を温めて本調子を出させるためだったのだ。

 

策を練る烏養コーチに視線を送るのは、前回のプレイに後悔が残った山口だった。

 

感想

試合の流れがめちゃ動いてきた感じだったよね!

おいちゃんの顔がちょっとずつ悪人面に…。

次回山口活躍かな?

 

 

 

その他ハイキュー!!の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村