ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『ハイキュー!!18話』セカンドシーズンあらすじ&感想 古舘春一 週刊少年ジャンプ

昨日寝まくって復活したbitchyamaです、おはようございます!

今日からお仕事とか信じられないなぁ…(*ノω・*)

頭一気に戻していかないと…!

 

今日もハイキュー!!のネタバレしちゃいます。 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

大地がいない烏野の試合が精彩を欠く中、かつての小さな巨人に似たプレースタイルを持つ和久谷南・中島を意識し始める日向。

現状の技術では及ばないものの、身につけた全部なら対抗できると、体当たりで果敢に攻めていく。

 

プレッシャーを感じていた縁下だったが、周囲の支えもあり考えたプレーが上手くいったことで、大地の代替ではない自分自身に自信をつけていく。

大地のいないアドバンテージがなくなった烏野は、日向を中心に攻撃を続け試合を制した。

しかし日向は、中島に真っ向勝負で勝てなかったことを悔しがる。

 

 

 

 

治療を受けた大地は次回の試合から復帰出来るという。

自分を褒める大地に対して、次回はコートに立たなくていい安心感が先立ってしまい、縁下は情けないことを考えている自分にトイレで喝を入れた。

そして山口もまた、今回の試合で思うところがある様子だった。

 

一方、次の烏野の相手が決まる、伊達工業と青葉城西の試合が始まっていた。

 

感想

ハイキュー!!はやっぱり朝から泣かせてくるなぁ…(T_T)

烏野面々の成長、悲喜こもごも見えた回だったね。

そして次は青葉城西と伊達工の試合。

これは及川さんファンの方には嬉しいだろうね!

次回も楽しみ!

 

その他ハイキュー!!の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

発熱(期間生産限定アニメ盤)

発熱(期間生産限定アニメ盤)

 

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村