ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『ハイキュー!! 1話』セカンドシーズンあらすじ&感想 古舘春一 週刊少年ジャンプ

今日もちと遅くなっちゃったbitchyamaです、こんばんは!

今週は疲れたよーーーー。

三連休ほぼ予定ないからダラダラしたりマンガ読んだりする…。

 

遅くなったけど、10/3放送のアニメ『ハイキュー』セカンドシーズン1話の感想を書いちゃうよ!

ネタバレありなので、苦手な方はご注意を。

 

www.j-haikyu.com

 

マンガのネタバレこちら。

www.yamanerd.com

 

 

あらすじ

インターハイ予選で青葉城西に敗北した烏野排球部。

その経験をバネにして、春高県代表決定戦に向け動き始めていた。

 

そんな中、武田先生の取り計らいで、音駒高校はじめ強豪校が集まる、東京の梟谷学園グループ合宿に参加出来ることになる。

意気揚々と練習に取り組む影山と日向の前に、偶然、白鳥沢学園高校のウシワカが現れる。

 

「白鳥沢を偵察させて欲しい」と正直に申し出た日向たちは、ウシワカの許諾を得て、非公式ながら白鳥沢の練習場を見られることとなった。

県内で争う相手のいない白鳥沢では、大学生を相手に本格的な練習が組まれていた。

それのみならず、白鳥沢排球部への設備投資含め、烏野排球部とは比べ物にならないほどの力の入れようだった。

 

 

 

烏野にとっては苦しめられた青葉城西を「(及川以外は)痩せた土地」だと評価したウシワカに、日向はこう言い放った。

 

青城が痩せた土地なら

俺たちはコンクリートかなんかですかね?

 

コンクリート出身日向翔陽です

あなたをぶっ倒して全国へいきます

 

影山と共に白鳥沢を後にした日向は、打倒ウシワカ決意を新たにする。

 

東京への合宿について話が進められていたが、期末テストで赤点を避けなければ参加出来ないと武田先生から言われ、焦る日向、影山、西谷、田中。

念押しのように「赤点があったら行けないから」と言われ、震える4名のシーンで1話終了。

 

感想

ハイキュー!!セカンドシーズンはじまたね!

そして一発目から「コンクリート〜」の名言キタ!

ノヤっさんの「トスを上げてくれ!エース!!」に次ぐ名言よね。

この時の日向の目が据わりすぎてて怖い。

 

そして赤点回避のエピソードも楽しみ。

原作読んでた中で一番笑えたのはこの時だったな。

 

あと、マネージャー探しのエピソードもはじまるね!

bitchyama個人的にはここでめっちゃ泣きそうになったので楽しみ。

次回も早くみたいなー!

 

その他のハイキュー!!記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村