ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『ダンジョン飯3巻』あらすじ&感想 ハルタ 九井諒子

今日は朝からお出かけしてきたbitchyamaです、こんばんは!

アウトドア系ではないけど、最近週末コンスタントに外出してる(∩´∀`)∩ 

 

8/12発売の『ダンジョン飯』3巻を読んだよ!

今回はクラーケンも食べちゃいます。 

 

あらすじ 

ダンジョンに囚われたファリン(主人公ライオスの妹)を救うため、ライオス、マルシル、チルチャックの3人は、レッドドラゴンを調理することに興味があると言い合流したセンシと共にダンジョンの地下層へと歩を進めていた。

 

地下4階の水辺にいたライオスらの元に突然クラーケンが現れて、意気揚々と食料に活用しようとするが臭くて食べられたものではない。

代わりに寄生虫を蒲焼きにして食したものの、欲望に勝てず生で齧ってしまったライオスは、運悪く寄生虫の中にいた寄生虫に当たって地獄の苦しみを味わうことに…。

魚人が刃魚を、クラーケンが魚人を、そして冒険者によって倒されたクラーケンを刃魚が食べる生態系の出来過ぎた不思議さを考えながら、マルシルはかつて優秀な学友でもあったファリンのことを思い浮かべていた。

 

 

 

次の階層に向かう前に身体を拭いたマルシルが沸かしすぎたお湯を湖に捨てると、下いた精霊ウンディーネを怒らせて攻撃を受けてしまい、大量の血液と魔力を失ってしまう。

そこへ、かつて同じパーティーであったものの金銭で揉めて離れていったナマリが新しい雇い主である学者夫婦と現れて、マルシルの介抱をしてもらう代わりにライオスとセンシは調査を手伝うことにする。

ライオスは刺胞生物のテンタクルスに刺されながらも学者夫婦のために働き、なんとかマルシルに治療を施してもらうことが出来た。

地上に戻るように勧められるマルシルだったが、捕らえたウンディーネをシチューの水分として調理に活用し取り入れることで、なんとか少しずつ回復をしてそのままパーティーに残る。

 

一旦地上に引き上げる学者夫婦やナマリと別れたライオスらが、オークから教わった地下に続く階段をテンタクルスを伐採しながら降りて行くと、巣食っていた大量の大ガエルに襲われてしまう。

そこで大ガエルの皮膚がテンタクルスに触れてもカブれないことに気付いたチルチャックは、身を挺して罠にかけ、その皮膚を手に入れることに成功する。

大ガエルの皮膚を鞣して身につけたライオスらは、無事地下5階の城下町に到着することができたのだった。

 

感想

今回はライオスが寄生虫に当たってかっこわるかったり、マルシルのために頑張ってかっこよかったりした回だった!

ウンディーネシチュー食べてみたい笑

 

ファリンのことについても語られてきたね!

モテてたファリンに気付かないライオス笑

 

まだ3巻だけどもう城下町に着いちゃったのかー。

もっともっといろんなダンジョン飯見たい!!

早く4巻出て欲しいです! 

 

1・2巻のことも書いてまっす!

www.yamanerd.com

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村