ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『シャッフル学園1巻』あらすじ&感想 月刊少年チャンピオン ホリユウスケ

「Netflix」を旦那さんに契約してもらったbitchyamaです、こんにちは!

黒執事が配信されてるのが嬉しい♡今日時点ではⅠ期だけかな。

www.netflix.com

 

 

来週2巻が発売予定の『シャッフル学園』1巻を読んだよ!

 

シャッフル学園/作者:ホリユウスケ月刊少年チャンピオン

シャッフル学園(1)(少年チャンピオン・コミックス)

シャッフル学園(1)(少年チャンピオン・コミックス)

 

 

 

あらすじ

 

私つまらない人間なんです

 

夜のファミレスで、女装した殺人鬼が言い放った台詞から始まる1巻。

山道ですれ違ったカップルや大学生たちを殺害した後、ヒッチハイクをした運転手、店員をその場で殺し、店全体もガス爆発でふっ飛ばした。

 

どんなカッコしてもどうせすぐに飽きてしまう

私は本当につまらない人間だ…

面白くなりたい

 

本作の主人公は鈴森静馬(すずもり しずま)

17歳の烏山学園(高校)二年男子、帰宅部

朝の登校から始まる。 

 

その後、クラスメイトたち22人が登場する。

ピンクが女子、水色が男子。

 

<静馬の友達>

・汝鳥光郎(なとり みつろう)ナトリン

・加門隆信(かもん たかのぶ)カモ

ナトリンはレトロゲーム好き。

カモは漫画コレクションを学校に持ってきている。

 

<静馬が好きな女子>

・一見かなで(ひとみ かなで)かなでちゃん

 

<仲良しグループ> 

・羽倉潜(はくら ひそみ)ヒソミン

・梶育子(かじ いくこ)イクちゃん

・藤井松榮(ふじい しょうえい)ショーたん

3人はコスプレ仲間っぽい感じ。

ショーたんは女装を勧められるUNISEX系男子。

 

・四竃里奈(しかま りな)シカマリ

・青井雪子(あおい ゆきこ)ユッキー

・知識絢音(ちしき あやね)チッシー

派手系ギャルグループ。

ユッキーは盛りキャラ。

 

<双子>

・上水流アリス(かみずる ありす)

・上水流アレン(かみずる あれん)

病院が実家。

妹のアリスは持病持ち。何の病気かは不明。

アレンはアリスの日焼けも心配している。

 

<運動部系>

・株本優(かぶもと ゆう)カブちゃん

 ハンドボール部。

 

・南風清蔵(はえ きよぞう)ハエキヨ

野球部。

 

・根津理沙(ねづ りさ)ネヅリー

水泳部。校内で売春してるっぽい?

 

 

<その他>

・小池史訓(こいけ ふみのり)

ネヅリーにお金(売春の?)を渡していた。

 

・飯塚八千穂(いいづか やちほ)ヤチホ

ヤンキー、愛煙家。

ネヅリーとヤッてる発言あり。

 

・井伊覚(いい さとる)チョップ

ヤチホとつるんでタバコを吸っている。無口。

 

・残月千尋(ざんげつ ちひろ)

多眠。

 

・十時伸一(ととき しんいち)トトキー

ザコン

 

・位高あかり(いたか あかり)いたちゃん

重量級。

絢音たちのグループからは、影で「関取」と呼ばれている。

 

・絵口ルミ(えぐち るみ)

図書委員。

 

・センター長

猫。

 

 

 

静馬たちが授業を受けていると、外に車(パトカー?)が複数台現れ、空にも警察ヘリと思われる物体が飛んできた。

校内放送が流れる。

 

教職員は全員 職員室に戻ってください。

 

放送を聞き、授業をしていた教師が廊下に出たが、校内に乗り込んできた殺人鬼に殺され、教室に生首が投げ込まれる。

殺人鬼は道中も殺人を繰り返しながら移動しており、性格な被害者数は把握しきれないまでに膨れ上がっていた。

そして殺人鬼を止めるため、極秘に用意された「物質転送装置」が誤作動を起こし、静馬たち2年2組の教室が異空間に閉じ込められてしまう。

 

生徒22名

殺人鬼1名

小動物1匹

 

そして、エラーが発生した物質転送装置の光線に包まれ、静馬たちは殺人鬼を含めて身体と精神がバラバラにシャッフルされてしまった。

空間も全てシャッフルされ、携帯の電波も届かない。

その後現れる人格の入れ替わりは、1巻でわかっている範囲で下記の通り。

 

<元人格→シャッフル後の身体>

・静馬→カブちゃん

・センター長→かなでちゃん

・アレン→ルミ

・カモ→トトキー

・いたちゃん→チッシー

・ネヅリー→チョップ

・ハエキヨ→いたちゃん

・イクちゃん→ネヅリー

・ヒソミン→ショーたん

 

<シャッフル不明>

・?→ユッキー

・?→アレン

・?→イクちゃん

・殺人鬼→?女子の制服を着ていたが、性別は謎

 

<シャッフルしてない>

・ナトリン

・シカマリ

 

カモが出口と思わしき小窓を見つけ、手を伸ばす。

しかし、激しい力に吹き飛ばされてしまい、伸ばした左腕は空間によって切断されてしまった。

痛々しい姿を見たいたちゃんが悲鳴を上げ、その声に釣られて顔に誰かの皮を被った殺人鬼が現れた。

この時点ですでに誰かを殺害していて、手には血に濡れたレンチを持っている。

静馬たちに襲いかかる殺人鬼に、横からタックルをかましたのはハエキヨだった。

状況的に不利と見た殺人鬼は姿を消す。

 

皆を守れるハエキヨが現れたので、静馬とセンター長は、カモの腕の治療のために保健室へ使えるものを探しに向かう。

カブちゃんの身体は運動神経抜群なので、何かあっても逃げ切れるとハエキヨに言われる。

センター長も、元々バレエを長年やっているかなでちゃんの身体を上手く使い、2人はさくさく保健室へ進んでいった。

 

保健室近くでアレンの身体にシャッフルされた人物を見つけるが、静馬が状況を説明しても、自分が誰だとは名乗らず、アレンになりきり、姿を消す。

アレンになった誰かを追いかけるが、保健室の前に流れるおびただしい量の血に足を取られて叶わない。

保健室のドアを開けると、顔の皮を剥がれ、下着姿で天井から首吊りされている死体が見つかった。

その死体はユッキーのものだった。

殺人鬼がかぶっていた顔の皮は、ユッキーの顔だったのだ。

 

静馬が15分経っても戻ってこなければ、止血のために傷口を焼こうとしていたアレンだったが、すんでところで薬は間に合った。

止血薬と包帯で応急処置を行う。

疲労でうとうとしかけていた静馬だったが、ユッキーの身体にシャッフルされた人格が分からずハッとする。

別人格が入った身体が殺された場合、人格の持ち主はどうなるのか?

逆に、人格は生きていても、元の身体が殺されていたらどうなるのか?

 

混乱する静馬の前に、シャッフルされていないナトリンとシカマリが現れる。

全員がシャッフルされているわけではないことを知る静馬たち。

そして、同行しているイクちゃんとヒソミンから、イクちゃんの身体が殺されていたことを聞く。

静馬からも、アレンの身体に会ったことや、ユッキーのことを話した。

全員で戦う決意をするが、静馬の心の声として、衝撃の事実がモノローグとして流れる。

 

生きてココを脱出できるのが

たった2人だなんて

 

その後、顔を隠した男子生徒が映って1巻終了。

 

<死亡した人物>

・?→ユッキー

・?→イクちゃん

 

<人格で登場してない人物>

・かなでちゃん

・ショーたん

・ユッキー

・チッシー

・アリス

・カブちゃん

・小池

・ヤチホ

・チョップ

・千尋

・トトキー

・ルミ

 

<身体で登場してない人物>

・静馬

・カモ

・ヒソミン

・アリス

・ハエキヨ

・小池

・ヤチホ

・千尋

・センター長

 

感想

遅くなったけど、『シャッフル学園』1巻読み切った!

すでに亡くなったキャラ、そしてシャッフルが謎の人物が出てきたね。

それぞれシャッフルも自己申告だし、どこまで本当なのか…。

これを機に?誰かが殺人鬼になりすますことも出来るよね。

 

2巻来週発売だから、早く読みたいな!

こういう整理しながら書く系の1冊ネタバレ大変だけど、おもしろいからがんばる!

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村