ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『カラダ探し』1〜3巻 あらすじ&感想 ジャンプコミックス 村瀬克俊

金木犀の香がして秋を感じてるbitchyamaです、こんばんは!

雨が降ってまた少し涼しさが戻ってきたね。

これで雨が上がれば過ごしやすい(∩´∀`)∩

 

 

ついに『カラダ探し』4巻が明日発売だよー!

1〜3巻までのざっくり振り返りしておくよ。

 

カラダ探し 4巻/作者:村瀬克俊、ウェルザード/ジャンプコミックス

カラダ探し 4 (ジャンプコミックス)

カラダ探し 4 (ジャンプコミックス)

 

 

カラダ探し 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

カラダ探し 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

カラダ探しとは

スターツ出版が販売する小説「カラダ探し」が原作。

マンガは、集英社少年ジャンプ+で連載中となっている。

no-ichigo.jp

 

アプリ版もあるよ!

plus.shonenjump.com

 

カラダ探しのあらすじ

クラスメイトの遥に、突然「私のカラダを探して」と頼まれた明日香、高広、留美子、翔太、理恵、健司の6人。

強制的に夜の学校に送り込まれた6人は、抗うことも出来ず「カラダ探し」に参加することになる。

 

カラダ探しとは、ルールを守りながら8つに分かれた遥のカラダを見つけ出し、棺に収めること。

そして、カラダ探し中に現れる「赤い人」に殺された時点で、その夜のカラダ探しは終了、再度日常がループし持ち越しとなる。

 

 

 

赤い人にはいくつかルールがある。

 

・「赤い人」は放課後の校舎に現れる。

・「赤い人」はひとりになった生徒の前に現れる。

・「赤い人」を見た者は、校門を出るまで決して振り返ってはならない。

・振り返った者は、カラダを8つに分けられ、校舎に隠される。

・「赤い人」に殺された生徒は、翌日、皆の前に現れて、「カラダを探して」と言う。

・「カラダ探し」を拒否する事は出来ない。

・「カラダ探し」の最中にも、「赤い人」は現れる。

・「カラダ探し」はカラダを見付けるまで行われる。

・「カラダ探し」では死んでも死ねない。

・「赤い人」は唄を歌う。

・「赤い人」に追い付かれたら、背中にしがみ付かれる。そして、唄を歌い終わったら、殺される。

 

明日香たち6人は、赤い人に殺されてはまたループして当日の朝に戻り、遥にカラダ探しを依頼され夜の校舎へ戻る日々を繰り返す。

疑心暗鬼になって仲間われしたり、様々なトラブルに遭いながらも遥のカラダのパーツを見つけていく。

3巻までに見つかったパーツは右腕・右胸・腹・左脚の4箇所。

 

ある日、明日香たちは八代という教師に出会う。

八代はループされる日々の中で、赤い人を知るためには、「小野山美子」を調べろ、という助言を行う。

 

明日香たちがたどり着いた小野山美子は、50年前に起きたバラバラ殺人事件の被害少女だった。

そして、過去の新聞に載っていた美子の写真は、赤い人を連想させるものだった。

 

感想

赤い人に殺されるシーンが、エグくて怖い!

 

何故、遥がカラダ探しを依頼したのかも謎のまま。

明日香たちみんな赤い人に殺されてるけど、今のところ他の人にカラダ探しを依頼してるシーンはないし…。

もしかして、『orange』設定ポイ感じで、パラレルワールドではみんなカラダ探しを依頼してるとか…?!

 

※orange最終回ネタバレも書いてます。

www.yamanerd.com

 

赤い人=美子なのか?とか、ちょっとずつ謎が解明されていくのかな。

明日、4巻早速読むぞーーー!

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村