ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ちょっとネタバレ】『さぼリーマン飴谷甘太郎1巻』あらすじ&感想 モーニング・ツー アビディ井上 荻原天晴

昨日串カツ田中の1111円キャンペーンに行ったbitchyamaです、こんばんは!

旦那さんと2人で40本くらい食べたかな。

kushi-tanaka.com

 

9/23発売の漫画『さぼリーマン飴谷甘太郎』1巻を読んだよ!

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニング KC)

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニング KC)

 

 

webでも連載中。

morning.moae.jp

 

あらすじ

出版社・吉朝社で営業マンとして勤務する飴谷甘太朗は、仕事のデキるメガネイケメン。業務を素早くこなし周囲の信頼も厚いが、彼には周囲にひた隠しにする秘密があった。それは、仕事をサボっての甘味巡り! 甘味なるサボりの世界を堪能するべく、飴谷甘太朗は今日も外回りに出向くのであった――。

『さぼリーマン 飴谷甘太朗(1)』(アビディ井上, 萩原天晴):モーニング KC|講談社コミックプラス

 

仕事めっちゃできるけど、その実は早く業務を片付けて、甘味処で休憩したいためみたい。

そのために基本社内にいるばかりのSEを辞めて、営業に転向…って思い切りのいい主人公。

ビジュアルかっこいい感じです。

 

 

 

 

感想

甘太郎の休憩が「すぎる」って描かれているけど、bitchyamaも営業だから、途中でランチしたり、アポの合間にカフェでお茶しながらノマドぶったりするので、このくらいの甘味休憩は許されても良い気がしちゃうかなー笑

甘太郎は時間できっちり管理されてるから難しいのかな?

 

あと、和風な甘味が好きっていうのもなかなかなくて面白い。

豆かんとか食べたくなった!

じわじわ読んでいこっかなー。

 

作画担当・アビディ井上先生のTwitter

twitter.com

 

原作・荻原天晴先生のTwitter

twitter.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村